651.jpg日本一の山。富士山は静岡側、特に伊豆方面から見た姿が一番いいと思っている。

たまたま正面に富士山が見える位置にいたので、何の気なしに望遠レンズで撮ってみたのだが、あとで確認してびっくりした。山肌一面に、肉眼では確認できなかった沢山の道路が、まるで爪で引っかき回されたようにジグザグについて見えた。雪が中途半端に積もった状態だと、これがことさらにくっきりと見えるのだった。冬の富士は真っ白で純粋無垢なイメージを持っていたので、このひっかき傷だらけの姿を見て、大いに萎えた。

富士山が世界遺産になったのは喜ばしいことだが、これ以上作らなくていい道路を作ったり、切らなくていい森を切らないようにしてほしい。


静岡にて。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/988-4753bda1

あれは、山小屋に物資を運ぶブルトーザーの通り道です。

登りは良い良い、帰りはバックで降りるのでたいへんです。
いるまえかわ|2014.01.18/23:27
ブルドーザーの道だったんですね。
よく行く東南アジアでは、しばしば高い山へ続く道をまっすぐ通してあります。そのイメージが強いせいで、あんなにジグザグの道を山肌一面に通してしまうのか、と思いました。
考えれば、ジグザグに道を造らないと行き来が大変ですけどね。
richoo|2014.01.19/08:19

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する