筑紫恋しい

3114.jpgツクツクボウシ。都内にて。

3113.jpg
ミンミンゼミ。都内にて。

いつも感覚的に思っているのだが、鳴くミンミンゼミに近寄る際、ミーンミンミンの時に近寄るとすぐ鳴き止んで逃げられる。同じ近寄り方をしても、締めのミーーの時に近寄ると、逃げないことが多い。

3112.jpg
アブラゼミ。都内にて。

残り少ない夏を唄う。ド普通種だが、茶色の翅に緑の翅脈というカラーリングは秀逸。

3111.jpgヒメマイマイカブリ幼虫。埼玉にて。

マイマイをかぶる(もしくはかぶりつく)ことで有名だが、自然状態でその光景に出くわすことはそうそうない。

3107.jpgアトワアオゴミムシChlaenius virgulifer。茨城にて。

アオゴミとしてはやや乾いた環境を好む種。似た種がものすごく多く、正直全部キボシアオゴミでいいじゃねえかと思っている。一度にこの手の奴らを全種覚えようとしても絶対無理なので、目の前に現れた順に1個1個覚えていくしかない。