FC2ブログ

4316.jpgヌマガエルFejervarya kawamurai。茨城にて。

二股に分かれた鳴き袋を喉に持ち、ア゛ッア゛ッア゛ッ・・・と潰れた声で鳴く。キャウンキャウンと、子犬みたいな声を出すこともある。

4317.jpg
ヤマトガガンボモドキBittacus nipponicus。茨城にて。

日中は雑木林の下草に見られるが、日没後は唐突に姿を消す。

4308.jpgナガニジゴミムシダマシCeropria induta。茨城にて。

4311.jpgミミズクLedra auditura。茨城にて。

最近、ツノゼミという昆虫の一般社会における認知度が上がってきたせいか、身の回りで「ツノゼミ見つけた!」と写真を撮ってSNSやらに挙げる人間が増えてきた。そうした写真のうち7割方が、これをツノゼミと間違えたもので占められる。そのたびに、訳知り顔の虫マニア共が「これはツノゼミじゃないですよ」と、フォロー外から頼んでもいない講釈を垂れにくるのが毎年夏の恒例である。

しかし、こんな立派なツノを持った奴がツノゼミじゃないのに、ツノの片鱗すらないマルツノゼミがツノゼミであることの方が、むしろおかしいのではないか。いっそもうミミズクもツノゼミの仲間ってことにしちまえばいいんじゃねーの? と、昆虫分類学を根底から揺るがしかねないことを言ってみる。

4309.jpgヤハズカミキリUraecha bimaculata。茨城にて。

雑木林で見られる。一度にそんなに数を見ない印象。